ミツビシコンセプト - デトロイトデビューのRAセット

Anonim

ミツビシコンセプト - デトロイトデビューのRAセット

自動車

ノエル・マッケイガン

2007年11月28日

2枚の写真

三菱コンセプト-RA

2007年11月28日三菱自動車は、2008年1月、北米国際自動車ショー(NAIAS)の世界初公開車に先駆けて、コンセプトRAのデザインスケッチを発表した。

高性能、低排出ガス、燃費を1つのパッケージに集約することを目的に、クルーのコンセプトには、ランサーエボリューションXで使用される全輪制御システムと自動マニュアルトランスミッションが搭載されています。ターボチャージャー、最大出力150kW(204PS)、最大トルク420Nm(42.8kg-m)を実現する4気筒DOHC 16バルブクリーンディーゼルエンジンを搭載しています。

ランサーエボリューションXから借りたスーパーオールホイールコントロール(S-AWC)のビークルダイナミクスコントロールシステム(この車は「ランサーエボリューション」として知られています)は、コントロールと結びついて、ハンドリング、牽引および安定性を向上させます4輪駆動システムによる駆動トルクと制動管理。 ランサーからのツインクラッチスポーツシフトトランスミッション(SST)は、従来の手動または自動セットアップで可能なものよりも速くギアをシフトするように設計されており、エンジンパワーの低下がなく、高性能で優れた燃費を提供し、低排出ガス。

さらにレスポンスを向上させるために、アクティブステアリングおよびアクティブダンピング制御をアクティブセンタディファレンシャル(ACD)、アクティブヨーコントロール(AYC)、スポーツアンチロックブレーキシステムおよびアクティブスタビリティコントロールコンポーネントシステムに追加しました。 Lancer Evolutionで

クリーンディーゼルエンジンは、MIVEC(Mitsubishi Innovative Valveタイミング電子制御システム)連続可変バルブタイミング制御と、より低い圧縮比を実現するピエゾインジェクタコモンレール直接燃料噴射を特徴としています。 ディーゼル酸化触媒(DOC)、NOxトラップ触媒(NTC)、ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)技術を組み合わせた新しい触媒コンバータシステムを採用しています。

2008年のNAIASは、デトロイトのCobo Centerで1月13日から27日まで開催され、1月19日に一般公開されます。

三菱コンセプト-RA

三菱コンセプト-RA