ロゼッタは彗星67Pの表面に氷の堆積物が存在することを確認した

Anonim

ロゼッタは彗星67Pの表面に氷の堆積物が存在することを確認した

スペース

アンソニーウッド

2016年1月15日

3枚の写真

Imhotep地域を描いたロゼッタのOSIRIS狭角カメラ(OSIRISチームMPS / UPD / LAM / IAA / SSO / INTA / UPM / DASP / IDAのESA / Rosetta / MPS)で撮影した6枚の画像のモザイク

ESAのロゼッタ彗星によって収集されたデータの新しい分析は、彗星67P / Churyumov-Gerasimenko(67P)上にかなりの量の水氷を明らかにしました。 水の存在は彗星の昏睡状態と表面の霜の両方で67P上で以前に観察されていたが、この発見は初めて彗星上で決定された水氷の表面堆積物である。

この発見は、2014年9月から11月にかけてRosettaのVisible and Infrared Thermal Imaging Spectrometer(VIRTIS)のデータを用いて行われました。この装置は、彗星のImhotep地域に存在する2つの明るい鉱床に焦点を当てました。

膨大な量の水蒸気が、以前に彗星の塵の覆われた地殻の下に位置する水の源を理論化する科学者と共に、67Pの昏睡状態で検出された。 したがって、新たに確認された表面堆積物は、何らかの形の侵食プロセスの結果である可能性がある。

2つの氷堆積物の位置を強調する67Pのイメージ(クレジット:ESA / Rosetta / NavCam-CC BY-SA IGO 3.0)

VIRTIS装置を介した明るい堆積物のピクセルサンプリングは、約5%の純水氷の収率を示した。 Rosettaの科学者は、直径が2〜10mmの2つの別個の粒子サイズを定義することもできました。

より大きな粒子がどのように形成されるのかという2つの理論があります。 第1の方法は、焼結として知られているプロセスを含み、それによって多くのより小さい粒子が互いに圧縮されて二次的な氷結晶を形成する。 第2の可能性は、昇華の結果として結晶粒が形成された可能性があることである。

昇華は、太陽からの熱が彗星を温め、その地殻の下に埋められた氷の堆積物を蒸発させるときに起こります。 非晶質の氷堆積物が分子レベルで結晶質の氷に変わると、余分なエネルギーによって昇華過程が助長される可能性がある(67P以内のものなど)。

ESA / ESA / Rosetta / NavCam-CC BY-SA IGO 3.0; VIRTIS画像とデータ:ESA / Rosetta / VIRTIS / INAF-IAPS、ローマ/ OBS DE PARIS-LESIA / DLR; G. Filacchione et al(2016))

しかしながら、プロセスを経て生成された水蒸気の大部分は、表面から逃げることができない。 ESAは、67Pで起こっていると思われる昇華プロセスをシミュレートする実験室試験を実施した。 結果は、比較的小さなパーセンテージだけが表面を逃げることを示し、約80%の蒸気が表面近くに残り、潜在的に数メートルの厚さの氷層を形成する可能性があることを示した。

Rosettaの科学チームは、彗星が近づくにつれて露出した氷の堆積物が太陽に接近してどの程度まで影響を受けたのかを判断するために、2015年までの途中で収集されたデータを分析しようとしています。

この研究に関する論文は、 Nature誌にオンラインで掲載されています。

ソース:ESA

Imhotep地域を描いたロゼッタのOSIRIS狭角カメラ(OSIRISチームMPS / UPD / LAM / IAA / SSO / INTA / UPM / DASP / IDAのESA / Rosetta / MPS)で撮影した6枚の画像のモザイク

2つの氷堆積物の位置を強調する67Pのイメージ(クレジット:ESA / Rosetta / NavCam-CC BY-SA IGO 3.0)

ESA / ESA / Rosetta / NavCam-CC BY-SA IGO 3.0; VIRTIS画像とデータ:ESA / Rosetta / VIRTIS / INAF-IAPS、ローマ/ OBS DE PARIS-LESIA / DLR; G. Filacchione et al(2016))